銀行口座を作ろう。三井住友銀行 一択の理由

コラム

銀行口座を作ろう。三井住友銀行 一択の理由

フリーランスとして活動を始めた後は、「専用の銀行口座」を作ろう。

プライベートの銀行口座をそのまま振込先口座として請求書を発行してもいいのだが、後々に非常にややこしくなる。

入出金の管理が非常に煩雑になり、どの項目がビジネスとして利用したか、振り込みした項目や引き落とされた項目がプライベートのものかビジネスのものか分からなくなる。

また、もし税務署からの税務調査に当たった場合もお互いに時間を要する事となり、いい事は何もない。

明瞭な仕訳を行う為にも、ぜひ専用の銀行口座を作ろう。

個人的な経験から、タイトルにもあるように「三井住友銀行」で作るのが一番良いと思っている。

その理由を紹介する!

 

営業性個人口座


個人事業主が銀行口座を作る際には2つ種類がある。

1つはごく一般的な「本名」で作る口座。”○○太郎”のようなものだ。

これでもいいのだが、いかにも個人事業主っぽくてビジネスとしての印象はない。

そこで「営業性個人口座」というものが存在する。

これは「屋号+名前」で口座が開けるというもの。

○○デザイン ○○太郎」というような感じになる。

請求書には個人名までは記載してもしなくても分かるので、よりいっそうビジネス用途の印象が強くなる。

 

対企業や個人事業主のビジネスでは印象がまず第一に大切だ。

ブログやアフィリエイトで稼ぐビジネスモデルでは特に必要ない。

この場合は身近で、手数料が安い銀行を選ぶといいだろう。

 

では、どの銀行で口座を作るのが良いか。

身近にある地方銀行でも全く問題はないのだが、個人的にはやはりメガバンク※で作るのが良いと思う。

(※この記事では 三菱東京UFJ銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行を指す)

なぜなら、会社として大きくなるほど主要取引先銀行がメガバンクの比率が高くなる。

ここで取引先相手の気持ちになってみよう。

「振込先口座が地方銀行であった」

すると大体振込手数料が発生するのである。

ケチくさい話ではあるが、この問題は非常に大きく、結構な大手企業でも普通に振込手数料はこちら持ち という事もある。

この振込手数料の話はまたの機会にするとして、この問題を回避 軽減するには相手と同じ銀行であると望ましい。

メガバンクで口座を開いておくと、取引先の取引銀行と被る確率も高くなるのだ。

 

三井住友銀行で口座を開こう

 

なぜ三井住友銀行なのか。

結論から言えば、営業性個人口座を開く時の手間が少なく、かつ『インターネットバンキング』を使える事にある

 

これは個人的な体験談だ。

勤め人の時、給与口座が三菱東京UFJ銀行だった。

コンビニなど提携先も多く、使い勝手も良かった。

その延長で営業性個人口座をまずは三菱東京UFJ銀行で作ろうとした。

どの銀行でも身分証明書と開業届が必要になる。

しかし、三菱東京UFJ銀行では更に追加の書類が必要となった。

  • 国税または地方税の領収書または納税証明書(原本)
  • 社会保険料の領収書(原本)
  • 商号登記簿謄本(原本)
  • 事務所の賃貸契約書(コピー可)
  • 公共料金の領収書(原本)
  • 税務署収受印付の確定申告書(原本)

・・・ないよ!!

そもそもビジネスを初めたばかりである。

なんとも融通の効かないものだ。当時はなんとか「郵送物」にて対応をしてもらった。

要はきちんとその屋号でビジネスを展開しているか の証明が必要なのだ。

 

対し、三井住友銀行では開業届だけで非常にスムーズに終わった。

調べたところ、みずほ銀行でも上記のような追加の書類は要らない模様。

 

インターネットバンキング

 

今や殆どの人がインターネットバンキングを利用しているだろう。

ウェブサイトやアプリで残高が確認でき、振り込みも出来るので利用しない選択肢はない。

しかし、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行では「営業性個人ではインターネットバンキングを利用できない」

正確には「お金を払って法人用のインターネットバンキングサービスを利用する

初期手数料は何万円もし、月額料金は何千円もする。

弱小のフリーランスには到底手が出せないのだ。

しかし、三井住友銀行だけ『営業性個人でもインターネットバンキングが無料で利用できる』のだ。

前者2銀行は個人事業主は法人の枠として捉えられており、三井住友銀行は個人事業主は個人の枠に入る。

三井住友銀行 参考リンク

 

インターネットバンキングを利用しない人はあまり関係ないのだが、今の時代、すぐに着金確認、振込は出来るようにしたい。

また、インターネットバンキングが使えない という事は、クラウドの確定申告サービスでも銀行口座の連携が出来ない という事でもある。

連携が出来ないという事は、自動で口座を同期出来ずに手動で取引履歴を作成しないといけない。

非常に面倒なのである。

 

こういった理由から、三井住友銀行で口座を作るのが良いと思っている。

それとは別にインターネット経由で売買したりアフィリエイト用の口座も用意するといい。

提携先も多く、手数料や営業性個人口座も作成出来るジャパンネット銀行 ビジネスアカウントがオススメだ。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

とも

CGアーティスト。 フリーランスとして働き、当ブログでノウハウを公開。

-コラム
-,

© 2020 世渡り上手なフリーランス